新宿占い館バランガン

03-3353-8030

  • 占い師一覧
  • スケジュール
  • 料金案内
  • お客様の声
  • 新宿占い館バランガンとは
  • アクセス
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 個人情報の取り扱い
  • ご意見、ご要望
  • サイトマップ
  • 電話占いはこちら
  • 占い師さん募集 東京新宿で人気の占い館バランガン
  • バランガンストーン公式サイト

復縁方法を3つの手順で解説


恋人と別れてもまだ未練が残っていて、復縁を考える方は多くいます。
しかし焦ってすぐに行動に移しても、復縁は成功しません。復縁を成功させるためには、正しいステップを踏むことが大切です。

本記事では、復縁へと動き出す前に考えておくべきこと、復縁するための3つの手順を紹介します。




復縁へ動き出す前に考えておくべきこと


別れたばかりの頃は相手への気持ちがまだ残っており、復縁したいと考える方も多いです。
しかし、復縁が最良の選択とは限りません。それどころか、復縁することで逆に不幸になることもあります。

そのような失敗を防ぐためにも、行動を起こす前に復縁すべきかどうか再度考えてみることがおすすめです。
本章で、復縁へ動き出す前に考えておくべきことを3つ紹介します。

相手への気持ちは本物か


復縁は別れた相手への未練がまだ残っていたり、相手がかけがえのない存在であることに気付いたりといった理由で考えます。

しかし、その相手への気持ちは本物ではないかもしれません。
周りに異性がいないから固執しているだけで、新たな出会いによってすぐ気持ちが切り替わる可能性もあります。

新たな出会いで消えてしまうような気持ちは、本物とはいえません。
そのような思いで相手に復縁を迫ってもよい結果は望めないですし、たとえ復縁が成功したとしても、いずれ相手への熱は冷めるでしょう。

復縁を行うのであれば、自分が今抱えている気持ちが本物であるのかをしっかり見極めてください。

別れた理由を理解しているか


男女が別れるのには何かしらの理由があるはずです。
その理由を分からぬまま復縁しても、また同じ結果を辿ることになります。
復縁に向けて行動する際は、別れた原因をしっかり理解しておきましょう。

基本的には、別れを告げられた方に原因があります。
しかし、別れを告げた方に全く非がないわけでもありません。
もしかしたら、知らず知らずのうちに相手を不快にさせてしまうような行動をしており、それが別れる原因となった可能性もあります。

よって別れを告げた側だからといって、復縁を迫る際に上から物申すような横柄な態度をとってはいけません。
復縁を望む側である時点で、謙虚な姿勢で自身に何か問題点はなかったか省みることが大切です。

ダメだった点を改善できるか


復縁後も、以前付き合ってたときと同じ心構え・心境でいるのは危険です。
以前と変わらない気持ちでいると、同じ道を辿ることになるかもしれません。原因が何も改善されていないのであれば、また別れることになります。

復縁後に長く関係を築いていきたいと考えるのであれば、ダメだった点を改善することが重要です。
これは、自分自身についてだけではなく、相手に対してもいえます。片方だけが改善しただけでは、もう片方にストレスや負担がのしかかる結果になるので、いずれ関係は悪化するでしょう。

復縁後も良好な関係でいるためには、復縁前にしっかりお互いのダメだった点や改善点を話し合うべきです。
そうして双方が納得できる結論に達したのであれば、復縁も成功します。


復縁を行う手順




上述したことを確認してまだ気持ちが残っているなら、復縁に向けて行動を起こしましょう。復縁するための4つの手順を紹介します。

1. 少し時間を置く


復縁を望むなら別れてすぐに連絡をとるのではなく、少し時間をおくことをおすすめします。
別れてすぐに連絡をとってしまうと、相手にしつこい人、束縛する人というイメージを与えてしまうからです。
そのせいで復縁が上手くいかないことも十分考えられるので、焦らず長いスパンでの行動を心掛けましょう。

別れた直後は誰しも寂しく感じます。ですが自分のことを見つめ直したり、相手への気持ちを再確認するためにも、冷却期間は必要です。

なお、どのくらいの期間を空ければよいのかという疑問に対する明確な答えはありません。相手との関係性や別れる原因によって最適な期間は異なるからです。
ただ一点注意すべきは、冷却期間は長すぎてもよくないということです。期間をあけすぎると自分への思いが薄くなるかもしれませんし、別の誰かと新たな恋をスタートさせてしまうかもしれません。

よって冷却期間は、別れた理由の深刻度合いで期間を調節しましょう。
理由が深刻であるほど互いに傷を癒すのに時間を要するので、半年~1年ほどの長めの期間を空けるのがベターでしょう。

2. ダメなところは改善する


冷却期間は自堕落に過ごしていてはいけません。この期間で自分自身を見つめ直し、ダメなところを改善するのに努めましょう。

もちろん表面的に取り繕うだけでも、復縁が成功することはあります。
しかし、それでは以前と何も変わっていないので、結局別れることにな流でしょう。
相手と長く関係を続けたいのであれば、中身まで変えて挑むことが大切です。決して簡単なことではありませんが、相手への気持ちが本気であれば乗り越えられます。

自分を変える自信がない方は、見た目から入ってみてください。
髪型を変えたり今まで着てこなかった服を身に付けたりすることで、今までの自分とは違った気持ちになれます。言動や立ち振る舞いなども自然に変わって、理想の自分に近づけるでしょう。

3. 友達としての関係から始める


復縁をする場合すぐに恋人関係に戻るのではなく、まずは友達関係を築いてワンクッション置くことをおすすめします。
友達目線でいることで、今までとは違ったお互いのよい点・悪い点が見えるでしょう。

恋人関係であるとついつい周りが見えなくなって、相手のことをしっかり評価できないこともあります。友達関係であれば少し距離をとって客観的に評価できるので、感情的にならずに話し合えるでしょう。

結果的にお互いの認識のずれを修正することができて、復縁後に意見の相違が生まれることを防げます。

4. 距離は少しずつ縮める


復縁したいと思うほど相手のことが好きである場合、すぐによりを戻そうとして急速に距離を縮めがちです。
しかしすぐに距離を縮めてしまうと、相手は圧迫感や威圧感を感じて逆に離れていく恐れがあります。

恋愛は押し続ければよいという単純なものではありません。たまには引いてみて、緩急をつけることも大切です。この緩急の付け方は、相手の反応を見ながら行います。

よく恋愛は駆け引きが重要と言われますが、復縁も同じです。駆け引きとは、相手の気持ちを読む力であり、恋人関係を継続していくうえでもとても重要なスキルだといえます。自分の気持ちを押し付けるのではなく、相手の気持ちを汲み取った行動を心掛けましょう。


復縁する前に自身の気持ちを整理しよう


誰しも別れた直後は気持ちが落ちて、寂しく感じてしまうものです。よりを戻そうと相手に頻繁に連絡する方も多いですが、自分の気持ちを一方的に相手に押し付けることは控えましょう。
そのような態度のまま復縁しても、長続きすることはありません。
別れてすぐに行動するのではなく、一度自分自身を見つめ直して、心を整理する時間をとるよう心掛けてください。