【手相】あげまん線・さげまん線!あなたはどっち?

一緒にいる男性の運を上げる「あげまん」。そして反対に運を下げる「さげまん」。自分が男性に与える影響が良いのか悪いのか…女性として気になる人も多いですよね。

付き合う彼は必ず出世する!
一緒にいる彼はいつも不幸になる!

このような現象に自分が関わっているのか知るためには、あげまん線・さげまん線のチェックをしましょう。手相を見ることで、自分が恋人にもたらす運勢を知ることができるのです。

そこで今回は、あげまん線・さげまん線について紹介します。自分の持つ能力を活かしたり対処したりすることで、新しい幸せを手に入れてくださいね。

この記事の監修者


占い館バランガン 西原さゆり先生

日本古来の神社に仕える家系に生まれた婚活&復縁フォーチュンカウンセラー。

恋愛・結婚運を中心にした手相占い、引き寄せの法則や開運アドバイスでも人気。

プロフィール
ツイッター
ブログ

あげまん線の基本

あげまん線とは、男性を幸せにできる能力を持つ女性が持つ手相です。あげまん線の基本は、恋愛運などを司る感情線の状態から判断することができます。感情線の先が三又に分かれているものが、あげまん線です。

感情線は、小指の下から手のひらを横断している線を指します。感情線と同じ濃さで、先端が三又に枝分かれしていることが条件です。三又であっても極端に細かったり薄かったりする場合は、あげまん線にはなりません

あげまん線がある女性は、愛情豊かな人です。相手の気持ちを察する能力があり、相手の立場に立って行動することができます。さらに本人も気づいていない才能を引き出すことが得意です。

あげまん線を持つ人は、恋人だけではなく男女問わずに能力を発揮します。恋人や周囲の人の運気を上げながら、自分自身も幸せになることができる幸せな手相であるといえるでしょう。

あげまん線を持つ女性の特徴とは?

あげまん線は、恋人や周囲の人の運気を上げる手相です。それは運気だけでなく、その人の性格の特徴にも出ています。あげまん線を持つ人の共通する特徴を紹介しましょう。

  • 自信があり心に余裕がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 精神的に自立している
  • 自分に自信があり、心に余裕があるからこそ、周囲の人への気配りができるのです。あげまん線とは、優しさや思いやりがある人にこそ現れる手相であるといえるでしょう。

    あげまん線の確率とは?

    あげまん線は稀少な手相であるとされており、その確率は100人に1人ほどです。また変化が激しい手相でもあるので、増えたり消えたりすることも多いでしょう。

    あげまん線は、自分自身の行動次第で現れる線でもあります。恋人や周囲のことを本気で愛して応援していると、自然とあげまん線が刻まれるのです。行動が運勢を変え、そして手相を変えていくでしょう。

    あげまん線が右手・左手にある意味は?

    右手の手相は後天的な運勢を意味します。右手にあげまん線がある場合、「相手に幸せになってほしい」「相手に成功してほしい」という思いから努力を重ねたことで現れたということです。

    また人生経験を積むことで、恋愛や結婚相手の運勢を上げる能力が高まります。その結果、成功や幸運をもたらすことができるようになるでしょう。

    一方左手の手相は先天的な運勢を意味します。左手にあげまん線がある場合は、無意識に相手の思いを汲み取ることができる能力がある人です。生まれ持った性格が優しさに溢れている証拠でしょう。

    両手にあげまん線がある場合は、最強のあげまん線です。あなたが愛する男性は必ず運気を上げていくことができます。相手の才能を開花させて、成功や幸運をもたらすことができる人です。

    これで確定!あげまん線の細かい見方

    確定!あげまん線の特徴

    あげまん線の基本は、感情線が三又に分かれている手相です。ただし4本以上の分岐点があれば、あげまん線確定となります。本数が多ければ良いということではなく、枝分かれが3本以上であれば意味は同様です。

    4本以上のうち1本でも薄い線がある場合は注意してください。薄い線がある場合は、恋愛において疲れが出ていることを示しています。相手に尽くしすぎて、自分の力を失わないようにしてください。

    さらにあげまん線の始点が小指に近い場合は、最強のあげまん線です。金運も関わってくるため、相手の仕事や給与が向上されることを意味しています。経済力が安定することで、愛情も深まるでしょう。

    不確定!間違いやすいあげまん線の特徴

    あげまん線と間違いやすい手相に、「慈愛線」があります。慈愛線は、感情線の先端付近に下・横・斜め下と細く弱い支線が出ているものです。慈愛線は心優しい人に現われる線ですが、ネガティブな感情も意味しています。

    また先端付近に上・横・斜め上に細く弱い支線が出ている場合は、プラス思考で明るい人です。ただしあげまん線とは異なり、他者を尊重するよりも自我が強いという特徴があります。

    さげまん線の基本と確率とは?

    あげまん線とは反対に、一緒にいる人の運気を下げてしまうさげまん線もあります。さげまん線は感情の起伏が激しく、周囲の人を振り回してしまうのが特徴です。

    自分に自信がないことで、相手に対しての欲求や不満が増えていきます。その結果、周りにいる人の精神的なエネルギーを吸い取ってしまうのです。

    相手よりも自分の幸福を優先します。そのためであれば相手の行動や夢を阻害することもあるでしょう。悪口や愚痴、ダメ出しも多く、人を認めたり褒めたりすることが苦手です。

    自分に甘く他人に厳しい面もあり、他人の不幸に幸せを感じます。被害意識も強いので、トラブル時には相手だけを一方的に責め立ててしまうでしょう。

    あげまん線の確率は100人に1人でしたが、さげまん線はさらに確率が低く500人に1人ほどとなります。なかなか見ることのできない線で稀少な手相です。

    さげまん線の手相3選

    ①感情線がクネクネ

    通常手のひらを真っすぐに横断している感情線が、クネクネと波を打っている場合はさげまん線です。強欲・打算線とも言われています。自分の欲望のためなら、手段を選ばないような人です。

    恋人だけではなく、周囲の人とトラブルが絶えないでしょう。感情の起伏が激しいことで、自分も周囲も制御することができません。自己肯定感の低さが関係しているので、しっかり自分を見つめ直すことが大切です。

    ②金星環に結婚線が接している

    金星環に結婚線が接している手相は、ヒステリック線とも言われています。ヒステリック線がある人は、相手のことを考えずに一方的に感情を押し付けてしまう傾向が強いです。

    金星環は、中指と薬指の付け根を結ぶ半円もしくは円を描く線を指します。金星環があるとパートナーとの関係が良く、気配りや心配りができている証拠です。

    しかし金星環が結婚線に接していると、パートナーに感情的に当たり散らします。自分の思い通りにならないと感情が高ぶることが多いので、言動には十分注意が必要です。

    ③感情線が上下に枝分かれしている

    感情線を中心として、上下に細かく枝分かれしている手相をマウンティング線といいます。とても神経過敏であり、自己中心的なタイプであるといえるでしょう。

    周囲と比較することが多く、他人が自分よりも劣っていることで満足感を得ます。自己肯定感が低いことで、周囲を下げることでしか自分を上げることができないのです。

    マウンティング線がある人は、自分が満たされない原因を探ることから始めてください。自らと向き合うことで、他人と比較競争することから抜け出すことができるでしょう。

    まとめ

    あげまん線とさげまん線は正反対の性質を持ちます。基本的には周囲の人の運勢を左右する手相ですが、結果的には自分の幸福や豊かさにもつながるものとなるでしょう。

    あげまん線を持つ人であれば、切磋琢磨しながら人生を向上させていくことができます。今ある思いやりの気持ちを忘れずに、周囲の人を支えください。

    さげまん線を持つ人であれば、今一度自分の言動を見直してみましょう。自分勝手な行動で周囲の人を振り回してしまうと、最終的には孤独な人生を歩むことになってしまいます。

    あげまん線・さげまん線は備わっている能力ではありますが、意識次第で変えることもできるものです。相手の気持ちや立場に寄り添うことで、あげまん線が現れることもあるでしょう。

    手相占いなら占い館バランガン

    鑑定料金
    鑑定時間
    鑑定の雰囲気
    1,000円~
    10分~
    明るくて話しやすい
      ▽ バランガンってどんな占い館!? ▽

    • 都内3店舗(新宿・池袋・銀座)にある人気占い館
    • 全占い師一律の明確な料金体系(10分1,000円~)
    • ハイレベルな占い師が在籍

    手相占いはもちろんのこと、恋愛相談や人生についての相談などどんなことでも受け付けています。

    一人で悩むことはありません。対面鑑定では人気・実力・信頼を兼ね備えた占い師が詳しく鑑定を行い、豊かな人生を送るためのお手伝いをしています。

    気軽に問い合わせしてみてくださいね。

    ▼ 毎月6,000人以上が来店!メディア実績豊富な先生多数 ▼

    ▼ 遠方の方は電話・チャット占いもどうぞ ▼