手相が薄い人の理由・意味とは?

「手相が薄いと幸が薄い?」そんな疑問を持ち、不安になったことはありませんか?手相は人によってさまざまであり、その濃さにも違いがあります。

手相が薄い人や薄い線は、どのような意味があるのか知りたいですよね。また性格や運勢に影響するようなことはあるのでしょうか。

そこで今回は手相が薄い人の理由・意味を紹介します。手相の濃淡には意味があるので、気になる人は参考にしてみてくださいね。

この記事の監修者


占い館バランガン 西原さゆり先生

日本古来の神社に仕える家系に生まれた婚活&復縁フォーチュンカウンセラー。

恋愛・結婚運を中心にした手相占い、引き寄せの法則や開運アドバイスでも人気。

プロフィール
ツイッター
ブログ

手相が薄い理由は?

手相が薄いというのは、基本線のみが出ていて他の線が薄いという状態が多いです。また細かい線ばかりで、基本線が薄く見えにくくなっている状態もあります。

このように手相が薄くなるのは、そのときの本人の状況・心境や環境などが影響しているのです。手相は変化するものなので今後の行動・経験によっても変化していくでしょう。

薄い手相の意味は?

手相が薄いと幸せになれないというイメージがありますよね。しかし実際には手相の薄さ=幸の薄さではありません。

手相が薄い人は自己主張をしない謙虚な人が多いです。また周囲への気配りができて、細かいところにも配慮できる思いやりに溢れています。

また協調性があるので裏方で人を支えたり協力したりすることが多いでしょう。その一方で繊細でストレスを溜めやすい面もあるので注意が必要です。

薄い人と濃い人の違いは?

手相の濃淡は、自己主張の強さに比例するとされています。つまり自身の性格的な要素が手相の濃淡に現れるのです。

手のひらの線が濃い人は、自分に自信があります。自我が強いので、周囲に与える影響力も大きいといえるでしょう。ただし自分勝手で人を振り回してしまうこともあります。

反対に線が薄い人は、先ほど紹介したように謙虚で控えめです。自分の考えを強く主張することはせず、ストレスを溜めやすい傾向にあります。

手相が薄い人は女性に多い?

手相は男性と女性でも濃さが異なります。もともと男性の方が女性よりも濃いので、男女で比較すると女性の手相は薄いように感じるかもしれません。

そのため手相が薄いかを見分けるときには、同性の手相と比べてください。また10人以上の複数人と見比べる必要があるため、すぐに「薄い」と判断しないようにしましょう。

手相が薄い人の特徴は?

手相が薄い人には、いくつかの共通した特徴があります。手相は変化するものなので、本質的なものではなく一時的なものもありますが、手相が薄い人は参考にしてください。

自己主張が少ない

手相が薄い人は自分に自信がなく、気が弱い傾向があります。自分の主張を強く持っていないので、周囲の意見に流されやすいです。

リーダーには向かないタイプなので、裏方の仕事が良いでしょう。また目立たない仕事をしっかりこなすので、専業主婦の手相にも多いです。

女性らしさがある

手相が薄いのは女性に多いと紹介しましたが、手相が薄いことは女性らしさの象徴でもあります。女性的な魅力に溢れていて、モテる人が多いです。

もし男性で手相が薄い場合は、中性的に感じられるかもしれません。女性の思考に近いために、少々頼りなさが目立ってしまうこともあるでしょう。

協調性がある

手相が薄い人は人間関係を上手く築いていくことができます。人に合わせることが得意なので、周囲と力を合わせることで成功するタイプです。

自己主張がないというと悪い意味に捉えてしまいますが、決してそうではありません。控えめだからこそ温和で柔軟に物事を判断することができるのです。

人間味に溢れている

手相が薄い人は周囲への配慮や思いやりに溢れています。日頃から人に優しくしているので、困ったときには周囲の人が助けてくれるでしょう。

人を見捨てることができない情の深さがあるのです。そのぶん人からも愛されるような、人間味が溢れる人が多くいます。

ストレスが溜まりやすい

自己主張をせずに周囲に合わせてしまう性格であるために、なかなか自分の本心を伝えることができません。それは精神的な負担にもつながるでしょう。

手相が薄い人はストレスが溜まりやすいです。きちんと心の中を整理して、落ち着いて自分の気持ちを伝える努力をしてみてください。

薄い線が多い場合の意味

手相はすべての線が薄いということはなく、手のひらの中に濃い線と薄い線があるはずです。基本線が濃く、その他の薄い線が多くても悪い意味にはなりません。

基本線以外の薄い線は、それぞれの持つ線の意味が弱いということです。全体的に線が薄くても、手相の形や始点なども含めて判断するので運勢が悪いわけではないでしょう。

ただし基本線も薄い線が多いという場合は、総合していくつかの傾向が考えられます。不安定な時期を暗示しているので、下記項目を参考にしてください。

  • 将来の目標や希望が定まらず進む道がわからない
  • 過去にショックやトラウマがあり今でも引きずっている
  • 自信が持てない状況で行動するのが怖い
  • 疲れやストレスが溜まりやすい
  • 周囲の意見に流されやすい

薄い&細かい線が多い場合の意味

手のひらに薄くて細かい線が多くある人は、知的で聡明な人です。記憶力があり、一つのものごとから全体を予想・把握する力にも長けています。

サブリーダーのような補佐的ポジションの人に多いです。体を動かすことよりも頭を回転させることを好むので、周囲からも一目置かれる存在になるでしょう。

ただし神経質に考えすぎてしまうこともあり、ストレスが溜まりやすいです。少し楽観的に考えることを意識すると、クリアで良いアイディアが浮かんできます。

【手相】基本線が薄い意味

生命線が薄い意味

生命線が薄い人は、体が弱くて疲れやすい人です。また精神的にも弱い面があり、一つのことを持続することができません。恋愛や仕事もすぐに諦めてしまうでしょう。

運命線が薄い意味

運命線が薄い人は、自分に自信がなく将来の目的がはっきりしていない人です。また社会をさけていて、依存心が強い傾向があります。

頭脳線が薄い意味

頭脳線の薄さは、とくに大きな意味はありません。頭脳線は基本的には長さで判断をして、長ければ物事を良く考えている証拠となります。薄くても気にすることはないでしょう。

感情線が薄い意味

感情線が薄い人は、孤独な人生を歩む人が多いです。感情の起伏が少ないので、周囲に理解されにくい面があるでしょう。意識して感情を表に出すようにしてみてください。

薄い線を濃くする方法は?

手相が薄いからといって悪い意味を暗示しているわけではありません。それでも自分に自信がなく、前向きに行動できないことに悩む人もいるでしょう。

手相とは、日頃の言動や考え方によって変化するものです。つまり手相が薄い人も濃くなっていく可能性があります。さらには手相を濃く変えていく方法もあるのです。

海外で生活する

海外で生活すると少しずつ自分の価値観に変化が出てきます。今まで常識だと感じていたことが、実はそうでもなかったことに気づいたりするのです。

さらに海外では自己主張せずには生きていけません。それが日常となることで、だんだんと自分らしさを持てるようになるでしょう。そして手相も変化するのです。

没頭できることを見つける

趣味や好きなこと・得意なことに没頭できる時間を作りましょう。どんなことでも良いので、一つのことに打ち込み継続します。

そうすることで自分に自信が持てるようになるのです。一つ自信のあるものがあれば、行動や考え方にも変化が出てくるでしょう。

ハードルを越える

手相が薄い人は、自分自身でハードルの高さを決めてしまっています。自分で限界を作ってしまい、出来ないと自信をなくしてしまうのです。

そこで経験や知識を積み、自分のハードルを越えてみましょう。やればできるという自己暗示をかけることで、自分に自信が持てるようになるのです。

まとめ

手相が薄いということに良いイメージがなかった人も多いでしょう。しかし実際には、手相が薄いことで悪いことは起こりません。

今自分の手相が薄いという人は、自分の状況や環境に変化が出ているときです。焦らずに自分の気持ちを整理していけば問題ないです。

手相占いなら占い館バランガン

鑑定料金
鑑定時間
鑑定の雰囲気
1,000円~
10分~
明るくて話しやすい
    ▽ バランガンってどんな占い館!? ▽

  • 都内3店舗(新宿・池袋・銀座)にある人気占い館
  • 全占い師一律の明確な料金体系(10分1,000円~)
  • ハイレベルな占い師が在籍

手相占いはもちろんのこと、恋愛相談や人生についての相談などどんなことでも受け付けています。

一人で悩むことはありません。対面鑑定では人気・実力・信頼を兼ね備えた占い師が詳しく鑑定を行い、豊かな人生を送るためのお手伝いをしています。

気軽に問い合わせしてみてくださいね。

▼ 毎月6,000人以上が来店!メディア実績豊富な先生多数 ▼

▼ 遠方の方は電話・チャット占いもどうぞ ▼